忍者ブログ

悪魔のささやき

気象予報士の視点から科学的に捉えた地球温暖化問題の真相を追究。 地球温暖化を信じて疑わないあなたの耳元に聞こえる悪魔のささやき。それでもあなたは温暖化信者でいられるか?温暖化対策は税金の無駄遣い。即刻中止を!!! Stop"Stop the global warming."!!

   
カテゴリー「排出権取引」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さすがはNHK!

 「地球温暖化問題」に関する日本のメディアの報道姿勢を論じるまでもないのだが、こちらに国際北極圏研究センター(IARC)の福田によるラジオ放送がある。一般人にもわかる平易な言葉でこの問題の問題点を解説している。カナダのバンクーバーの日本人向け放送局でのインタビューのようだが、日本でもこのようなまともな放送局がひとつくらいあってもいいのに・・・・と思う次第である。
最近、近藤邦明がNHK批判を繰り返している。NHKのひどさは今に始まったわけではないので今更という気がするし、あんな下らない番組をよくがまんして見るものだと思う。私とは忍耐力が違うのかもしれない。(笑)しかし、あの番組を見て年々洗脳される国民が増加しているのは事実で「ウソも繰り返し見せれば本当になる」ということもありNHKの罪は大きい。この問題が解決したおりにはしっかりと責任を取ってもらわねばならない。戦前「鬼畜米英」を唱えて国民の戦意高揚をあおったメディアは責任を取っていない。今回もうまく逃げ切るつもりかもしれないが、今はインターネットの世の中責任はしっかりと取ってもらう。
 2009年6月20日の午前中たまたまテレビをつけていたらNHKの番組双方向解説・そこが知りたい!「どこまでやれるかCO2削減~ポスト京都と世界~」』という番組が始まった。出演者は以下の通り。

【解説】嶋津 八生,  藤原 正信,  室山 哲也,  加藤 青延,  百瀬 好道,  水野 倫之,  今井 純子,  【司会】藤澤 秀敏,  滝島 雅子

 
チャンネルを替えながらところどころみていたのだが、水野倫之が排出権取引について発言をしていた。
「京都議定書の目標を放棄したカナダは国際的に発言力がなくなっている。日本が国際的に約束した以上排出量(権)取引をしてでも目標を達成しなければならない。そのためには国民の税金を投入するのも当然のことだ。」
いったいこの馬鹿は何者か?と思ったが、すぐに馬脚を現した。この番組の直前に麻生太郎が京都後の我が国の中期目標として温室効果ガス2005年比15%減を宣言していた。これでも相当な数字なのだが、水野は2005年比21%減を主張していたらしい。そこを嶋津八生が鋭く突っ込んだ。
「水野さんは21%減を主張されているようだが、安定電源としては何をお考えですか?」
この「安定電源」という意味が水野には全く理解できなかったようで、頓珍漢な答えを繰り返すばかり。やがて業を煮やしたように嶋津が「だから安定電源は何ですか」と強い口調で追求すると水野はボソリと「自然エネルギー」と答えた。一瞬わが耳を疑ったが、もう苦笑するしかなかった。なるほど、この程度のレベルだから何%削減などと平気で言えるわけだ。さすがは温暖化論者、これでも国民から巻き上げた「視聴料」からギャラをもらっているのだろう。すかさず嶋津が「自然エネルギーは安定電源じゃないでしょう。」と食いつき場が怪しい雰囲気になったが、司会者があわてて止めに入りなんとか事なきを得た。
 それにしてもひどい番組であった。改めて近藤の偉大さがわかった。(笑)自称「公共放送」がこんな番組を垂れ流して国民を洗脳するとはこの国は一体どこへ行くのだろうか?そんな思いの中、唯一の救いは「双方向で」洗脳された視聴者の意見オンパレードの中で東京在住10代男性の「IPCCの主張はおかしいのではないか」という意見がテロップで流れたことである。こういう若者がいる限りまだこの国も捨てたものでないかもしれない。 

拍手[1回]

PR

あーあ、とうとう買っちゃった

 京都メカニズムと呼ばれるもので「排出権取引」というものがある。今は表現をソフトにするため「排出量取引」と呼ぶようだが、これなど「売春」を「援助交際」と称してことの本質を誤魔化すのと同じテクニックで温暖化論者の得意技である。英語では「emissions rights」と表記されており、どう訳しても「排出権」であろう。それゆえ本ブログでは「排出権取引」という用語を使用する。
 この排出権取引は京都議定書の温室効果ガスの削減目標を達成できそうもない国が削減に余裕のある国からお金で排出権を購入するシステムである。1990年基準ではまともに削減義務を負うのは日本だけとなり、現在我が国の独り負け状態である。10年以上前からこういう状況になるのは火を見るより明らかだった。京都議定書が「不平等条約」とか「外交上の失敗」と評価されている理由である。ところが、条約を結んだ無能な役人連中は反省し責任をとるどころか、このシステムを利用してますます自分達の権益を広げようとさえしている。
 このたび2009年3月に政府はウクライナおよびチェコから排出権の購入に同意したようだ。とうとう恐れていたことが現実となってしまった。前者が3000万トンおよそ340億円弱、後者は4000万トン500億円程度のようだ。(公表されていないため金額は推定)もちろんこれは国民の税金で支払われる。これだけの国民の血税をつぎ込んでおきながら、金額を公表しないとはどういうことか。国民を馬鹿にするにもほどがある。今話題のアニメの殿堂の予算が117億円である。これの7つ分の予算が使われているのになぜ誰も何も言わないのか不思議でならない。 
 2009年5月22日、経団連副会長である新日鉄会長三村明夫は「京都議定書は外交上の失敗」と暗に(でもないか)外務省と環境庁(当時)の無能無策を指摘し、ポスト京都後の中期目標に関しては1990年比4%増の現実的な数値を示した。それを聞いた環境大臣斎藤鉄夫は「(そんな低い削減目標では)世界の笑いものになる。」と批判したそうである。(フロレスタンによるウェブ魚拓)いったい何を血迷っているのか、陰で嘲笑されているのは国民の血税を使って世界中から何の役にも立たない「排出権」という「免罪符」を買いあさっているお前だよ。この記事で唯一の救いは財界代表が「国民に過剰な負担にならないように国益を主張するのが行政責任者の役割だ」と愚かな大臣に真っ向反論していることである。よく言った、フロレスタンの言うようにあとで撤回したりするなよ。みっともないぞ。
 どうもこの国の役人、政治家は国益は二の次、三の次、いかにして私腹を肥やすか、あるいは自省庁の権益を守り広げるかしか頭にないようである。もはやこの国は「終わっている」のかもしれない。

拍手[1回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

カウンター

おすすめ書籍

正しく知る地球温暖化 赤祖父俊一
Unstoppable global warming S.Fred Singer & Dennis T.Avery
The chilling stars H.Svensmark & N.Calder
地球温暖化スキャンダル S.Mosher & T.Fuller
「地球温暖化神話」終わりの始まり 渡辺正

最新コメント

[2012/12/01 NONAME]
[2012/08/29 大崎]
[2012/07/10 とら猫イーチ]
[2012/07/06 とら猫イーチ]
[2012/06/01 とら猫イーチ]

最古記事

ブログ内検索

プロフィール

HN:
はれほれ
性別:
男性
職業:
ぎゃんぶらー
趣味:
競馬
自己紹介:
自称、気象予報士。

バーコード

アクセス解析

Copyright ©  -- 悪魔のささやき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]