忍者ブログ

悪魔のささやき

気象予報士の視点から科学的に捉えた地球温暖化問題の真相を追究。 地球温暖化を信じて疑わないあなたの耳元に聞こえる悪魔のささやき。それでもあなたは温暖化信者でいられるか?温暖化対策は税金の無駄遣い。即刻中止を!!! Stop"Stop the global warming."!!

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気候コンセンサスをねつ造せよ

 前回、自分に不都合な論文がpublishされそうになった時のイーストアングリア大学のClimatic Research Unit(CRU)の気候学者達のやり方を学んだが、今回のテーマはもしも知らない間にそんな論文がpublishされてしまったときの対処法を研究してみる。(笑)
 
 前ヴァージニア大学環境科学教授Patrick J.Michaelsの「How to Manufacture a Climate Consensus (気候コンセンサスのねつ造方法)」という記事が2009年12月17日付のThe Wall Street Journalに掲載されている。この記事の日本語訳としてはこちらのブログに詳しいので参照してほしい。
 
 ことの発端は2003年にClimate Research誌に温暖化支持派のCRUグループにとっては実に不愉快な論文が二つ掲載されてしまったことである。Climate Researchは査読つきの論文雑誌であり、CRUの連中はあわてたようだ。たとえば2003年3月11日にMannからJonesへ当てた電子メールには次のように書かれている。
「I believed our only choice was to ignore this paper. They've already achieved what they wanted--the claim of a peer-reviewed paper.」
「我々の唯一の選択肢はこの論文を無視することであると信じる。彼ら(懐疑論者)は欲しがっていたもの、査読つきの論文という主張をすでに手に入れてしまった。
 
「So what do we do about this? I think we have to stop considering "Climate Research" as a legitimate peer-reviewed journal. Perhaps we should encourage our colleagues in the climate research community to no longer submit to, or cite papers in, this journal. We would also need to consider what we tell or request of our more reasonable colleagues who currently sit on the editorial board...What do others think?」
「このことに関して我々は何をするべきか?我々は"Climate Research"誌を正当な査読雑誌として考慮するのをやめるべきだと私は考える。我々は気候研究における我々の同僚にこれ以上この雑誌への投稿や引用をしないように奨励するべきである。我々はまた我々の伝達したい事や最近編集委員になったもっと理性のある我々の同僚に要請することを考慮する必要がある。他の皆はどう思うか?」
 
要するに自分達の気に入らない結論の論文を載せた雑誌に対して、圧力をかけることを呼びかけたわけである。Michaelsの記事によると、
 
「JonesやMannらの脅迫の結果Climate Research誌の編集委員の半分が辞めた。(人数は不明)これ以後はCRUグループでない人々は論文をpublishすることがしだいに困難となることを経験し始めた。」

つまり、CRUグループと異なる見解の論文は世に出ることが、ますます困難になっていった。さらに2004年12月のScience誌に掲載されたOreskesのエッセー「人為的温暖化に反対する論文はひとつもない」へとつながり、「人為的温暖化に反する事実がないから論文が存在しない」というようにウソが世界的に広められて行くのである。しかし今、「コンセンサス」の内幕が暴露されてみるとCRUグループ(≒IPCC)がやってきたことはヤクザと同じ恐喝である。Michaelsは記事のなかで「mob(暴徒)」という言葉を彼らに対して使用しているがまさにドンピシャの単語だ。
 
では、Climate Research誌に掲載されて彼らmobを怒らせた論文とはいったいどんなものだったのか。そのうちのひとつがSoon and Baliunasによる「Proxy climatic and environmental changes of the past 1000 years.」と題された論文である。彼らは140を越える過去の論文をreviewして過去1000年の世界各地の気候を再構築した。そして
    Little Ice Age(LIA)があったかどうか。
    Medieval Warm Period(MWP)があったかどうか。
    過去1000年で20世紀が最も高温といえるかどうか。
以上の3点について調査し、結果はLIAおよびMWPともに2つのプロキシを除いて世界各地の記録からその存在が確認されている。さらに、
「most of the proxy records do not suggest the 20th century to be the warmest or the most extreme in their local representations.」
「代理記録のほとんどは20世紀が最も暖かいとか局所を代表して最も極端な気候であるということは示唆していない。」
と結論している。時代背景を考えるとこのようなホッケースティックを否定する結論の論文が掲載されたことは「奇跡」なのかもしれない。あらためて当時のClimate Research誌の「公正さ」に敬意を表したい。しかしこの論文が、ホッケースティックの生みの親Mannの気に障らないはずがない。もともとホッケースティック自体が「人類起源のCO2によって20世紀は前例のないほど暖かい時代である。」という彼らの「教義」にあわせて作られたものである。そして今度はそれを守るために異論を頭から排除するという暴挙に出ている。これは科学ではなくて宗教である。科学なら提示された証拠に対して議論が戦わされるべきである。Michaelsによれば、Baliunasは彼らmobからの嫌がらせにやる気を失なくしたようで、科学の表舞台から姿を消してしまった。世界は優秀な宇宙物理学者を一人失ったことになる。彼女のHPも2004年以降更新されていない。とても残念である。
「20世紀が前例になく暖かい時代である」という「教義」のためには彼らmobにとってMWPが目の上のタンコブである。そして彼らの情報操作はMWPを抹消する方向に動いて行くことになる・・・・・・・。続く・・・・かも。
 
ClimateGateからの教訓2;自分達に不都合な論文を載せた雑誌には投稿・引用をやめると編集者を脅迫せよ
 
参考サイト
PATRICK J. MICHAELSHow to Manufacture a Climate Consensus
 
masayangの日記;地球温暖化・合意の捏造

参考論文 
Oreskes,N. The Scientific Consensus on Climate Change. Science 306 p1686 (2004). 

Soon,W. and Baliunas,S. Proxy climatic and environmental changes of the past 1000 years.Clim.Res23:p89-110(2003)

                                          (2010年1月6日一部修正)

2010年1月11日追記
こちらにも素晴らしい抄訳があります。ご参照ください。
takのアメブロ;How to Manufacture a Climate Consensus:査読制度の崩壊

2010年1月8日付けのWSJにTimothy L. Grove によるMichaelsの記事への反論が掲載されています。内容は「エール大学のJames Saiersの移動は圧力のためではなかった。査読制度は昔から機能している。だから問題ない。」という幼稚なもののようです。あわせてご覧ください。

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

リンクしました。

  • by 近藤邦明
  • URL
  • 2010/01/13(Wed)23:11
  • Edit
■寒中お見舞い申し上げます。

■HP管理者からNo.453からリンクさせてもらいました。

リンクありがとうございました

  • by はれほれ
  • 2010/01/17 19:48
こんにちは、はれほれです。ご無沙汰しています。
リンクありがとうございました。
洋の東西を問わず、この温暖化問題では「査読」が「検閲」の役目をはたしていたようです。ただ、データの改ざんはイーストアングリアの連中ではなくて米国発だったようです。
http://www.climategate.com/is-the-noaa-not-cru-is-ground-zero-for-exaggerated-warming-data
英語で私も良く理解できていないのですが、NOAAのデータをまる写ししたデータがすでに改ざんされていたようです。サンディエゴのKUSIテレビで数日前に放映された番組がインターネット上にアップされていますのでBERSERKHAWKWIND さんが日本語訳がつけてくれるのを気長に待ちます。(笑)
http://www.youtube.com/user/BERSERKHAWKWIND

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

カウンター

おすすめ書籍

正しく知る地球温暖化 赤祖父俊一
Unstoppable global warming S.Fred Singer & Dennis T.Avery
The chilling stars H.Svensmark & N.Calder
地球温暖化スキャンダル S.Mosher & T.Fuller
「地球温暖化神話」終わりの始まり 渡辺正

最新コメント

[2012/12/01 NONAME]
[2012/08/29 大崎]
[2012/07/10 とら猫イーチ]
[2012/07/06 とら猫イーチ]
[2012/06/01 とら猫イーチ]

最古記事

ブログ内検索

プロフィール

HN:
はれほれ
性別:
男性
職業:
ぎゃんぶらー
趣味:
競馬
自己紹介:
自称、気象予報士。

バーコード

アクセス解析

Copyright ©  -- 悪魔のささやき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]